不安なら業者に相談しよう|スズメバチ駆除は経験豊富な業者へ依頼しよう

スズメバチ駆除依頼後の対策もしっかり行おう

猛暑日は活発になる

雨が降らない地域や、猛暑日が長く続くとスズメバチが大量繁殖します。また巣が大きくなるのも暑さが原因でしょう。特に8月から11月の間は活発になる時期なので注意が必要です。

効果的だった対策

no.1

形から入る

スズメバチの天敵は、鳥でも猛毒の虫でもなく真っ黒いクマのみです。よく、黒い服を着ていたら攻撃されたなどの話がありますが、スズメバチがクマと勘違いしたためです。森に入る際は、ダークな色を避けて白っぽい服装を心掛けましょう。

no.2

遭遇した時に便利なアイテム

巣を発見したからと言って、こちら側が巣を攻撃するとスズメバチの怒りが増すだけなので白いタオルで顔を覆い、姿を消すのをその場で待つことが大事です。また、黒い髪の毛もスズメバチにとってはクマに見えるため、白い帽子をかぶるということも必要です。

no.3

ペットボトルで巣を作らせない

スズメバチ駆除で多い軒下の巣は、ペットボトルを使って巣作りを回避することが可能です。設置するタイミングは5月ごろ、巣を作りそうな場所に設置すると女王バチの捕獲に成功し、巣作りを邪魔することができます。

不安なら業者に相談しよう

蜂の巣

その日のうちに来てくれる場合もある

人々に危害を加えるような場所に巣を発見した場合、一刻も争う状態なのでスズメバチ駆除を依頼したその日に、業者が駆除をやってくれるケースもあります。業者は、危険な状況を放置することはしません。

効果が非常に高い

スピーディーな対応もそうですが、自分たちでスズメバチ駆除をするよりも、巣の発生場所やハチの習性をよく理解している業者に依頼することで効果的に駆除することができます。再発防止のためのアドバイスをくれるあたりも、非常に心強いでしょう。

対策ができる

スズメバチは昼間、外で活動をしているのでこの時間帯に駆除するとそれを知らないスズメバチが夕方に戻り、状況を見て危険を察知し人間に危害を加えるケースもあります。もちろん、業者ならこの戻りバチ関連の対策もしっかりやってくれますよ。他にも、駆除した後再度巣を作らせないための網対策で、安心して生活が送れるようにしてくれるのです。

広告募集中